BLOGS

毎日出るうんちは体の健康状態を示すバロメーターです。

トイレ時間を有効的に利用して、便の色や形などチェックして見てください。

もしうんちの色がくろっぽい、硬い、臭い状況が毎日続くようであれば腸内は悪玉菌の温床となっています!早めの対策を!(+_+)

悪玉菌がいっぱいの腸内   こんな時は、オリゴ糖がおすすめです!善玉菌のエサとなってどんどん増やし腸内環境を整えていきますよ(≧▽≦)

腸内環境が整えば便の状態も安定してきます!

こんな色の便が出た時は?

便の色は、腸内環境や内臓状態などのサインを発信していますよ♪

◆ 黄褐色、茶色の便が出た時^_^

健康な便の代表色で腸内細菌のバランスが良い状態です。この色の状態が続くよう規則正しい生活をおくりましょう。

◆ 濃いこげ茶の便が出た時”(-“”-)”

腸内細菌のバランスが乱れ気味で、善玉菌の勢力が衰えてます。便秘気味の時とか食物繊維不足や肉を多く食べると出やすい色です。

◆ 赤色の便が出た時(´・ω・`)

血便、便の周りに赤い血がついている時は、消化管の出血を疑いましょう。

一番多いケースは、硬い便による切れ痔です。排便後は肛門あたりがヒリヒリします。それ以外にも、ガンやポリープ、虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病から赤い便がでることもあります。

◆ 黒色に近い便が出た時(+_+)

こげ茶の便でなく見た目そのものが黒い場合です。

黒い便は、赤い時と同じく血液が混じっている証しです。消化管の出血する場所によって色が違います。十二指腸より上部で出血している場合は、便が黒くなりります。

疑われる病気は、炎症、ポリープ、潰瘍、ガンなど多数あります。

病気でない場合は、ビスマス(蒼鉛)という金属の化合物を含有する抗潰瘍薬を服用している場合、金属を含有する鉄剤のサプリメント、甘草やブルーベリーを食べた時ても、黒い便になる場合があります。

◆ 灰色っぽい便が出た時

石灰みたいな色です( ゚Д゚)

これは、便の色のベースになる胆汁色素が腸管に流れなくなっていると考えられます。

閉塞性黄疸という状態になっており、なんらかの障害物によって胆汁の流路がつまっている状態です。

疑われる病気は、胆石や胆のうや肝臓の異常が考えられます。痛くもかゆくもない場合でも、早急に病院へいきましょう。

便にも色々な症状を訴えてるので健康に留意されながら過ごしていきたいですね\(^o^)/

EBISU BURN GYM
03-5422-9387

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。