BLOGS

皆さんこんにちは!

本日はビタミンB1についてお話致します。

・ビタミンB1とは
ビタミンB1とはチアミンまたはサイアミンとも呼ばれる水溶性ビタミンの一種です。
水溶性ビタミンは水に溶けるビタミンでB群の他にCも水溶性に分類されます。
中でもビタミンB1は糖質の代謝には欠かせないビタミンです。
糖の代謝に関係しているということは、エネルギーを作り出す役割をしているということでもあります。
エネルギーを作り出す際にはビタミンB1が必要なため、ビタミンB1が不足するとエネルギーが作られません。
ビタミンB1はまた、糖を栄養分としている脳の働きを正常に保つためにも欠かせない栄養素です。

糖質代謝を正常に行うことで、皮膚や粘膜も健康な状態に保ちます。

・ビタミンB1の効果・効能って?
ビタミンB1の効果として真っ先に挙げるべきなのが糖質の代謝です。
糖質の代謝とは、糖からエネルギーを生み出す働きのことです。

食べ物として摂取した糖が体内で効率よくエネルギーに変換されないと、余った糖は中性脂肪として肝臓などに蓄えられることになります。
ご飯の食べすぎや甘いものの摂りすぎが肥満につながるのはそのためです。
しかし、ビタミンB1が十分にあれば、糖質が効率よくエネルギーに変換され、余る糖質の量が減ります。
その結果、蓄積される脂肪の量も減るわけです。食べ物で摂った糖がエネルギーになれば、身体を活発に動かせます。
ビタミンB1は運動しても疲労を蓄積させず、溜まった疲れも回復させる効能が期待できる栄養素です。

糖質の代謝に関わっているビタミンB1の量は、糖を栄養として活動する脳にも影響を与えます。

脳神経を正常に動かすためにもビタミンB1は欠かせない栄養素です。

また、ビタミンB1には、皮膚や粘膜を健やかに保つ効果もあります。

単にタンパク質を摂るだけではいけないということですね!

パーソナルトレーニングジムBBB
03-5422-9387

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。