BLOGS

皆さんこんにちは。

本日は「スクワットの強化法」についてお話しさせていただきます。

1、テクニックの見直し

自分自身に合ったフォームやしゃがむ深さなどを理解し習得していく必要がある。フォームができていない状態で行なってしまうと怪我のリスクにもなる。

2、担ぐバーの位置

担ぎ方には、ハイバーとロバーがある。ハイバーは背中の上部から肩にかけて。ハイバーは肩甲骨の中程から上にかけて。同じスクワットでも担ぎ方で重量や難易度も変わってきますので自身で試して行なうのがいいでしょう。

3、体幹を強化する

スクワットは下半身以外に体幹もかなり重要なものになる。体幹が弱いと身体のバランスが上手くとれず高重量も扱えなくなってしまいます。また体幹を強化する以外にベルトをして腹圧を高めることも可能です。

4、腰(下背部)の強化

下背部とは脊柱起立筋や臀筋群の部分になります。これが弱いと腰に負担がかかり腰痛になってしまう可能性があります。なので腰に過剰の負担がかからないように行なっていく必要があります。

他にも色々ありますが本日のお話はここまでに致します。
よかったら参考にしてください。

BBBGYM

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。