BLOGS

皆さんこんにちわ。

本日は上腕三頭筋のお話しです。
上腕三頭筋は、手のひらを天井に向けた時に二の腕の下側についている筋肉で、その体積はとても大きく、二の腕の3分の2は上腕三頭筋によって占められています。

上腕三頭筋は主に「ヒジを伸ばす」動作に使われる筋肉で、日常生活においては「ドアを前に押す」「ヒジ掛けに手を置いて椅子から立ち上がる」場面で働きます。

上腕部のトレーニングを行う際には、つい上腕二頭筋(いわゆる力こぶ)ばかりに集中しやすいが、筋肉全体の太さだけで言えば上腕三頭筋の方が太いため、こちらを鍛える方が、より太い腕にする近道であるといえる。

種目:ディップス、フレンプレス、プレスダウンなどがあげられます。

またBPなどの高重量を扱うような種目でも協同筋として役立ちますのでトレーニングすべき筋肉になります。腕をデカくしたいなら上腕三頭筋を鍛えカッコイイ腕を作っていきましょう。

BBBGYM

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。