BLOGS

皆さんこんにちは!

本日のテーマである第二の心臓は聞いたことありますか?

それは・・・ふきらはぎの事です!

ではなぜそう言われているのかお話致します!

心臓は全身に血液を送り酸素や栄養をいきわたらせます。

全身にいきわたった血液は再び酸素を取り込み肺や心臓に戻る必要が有ります。
そんな血液を戻す役割として重要なのが心臓から一番遠い位置にあるふきらはぎなのです。

心臓から送り出された血液を再び、心臓に戻すためには心臓のポンプの力だけでは十分ではありません。
特に重力に逆らって上がっていくためにはふくらはぎの筋肉が収縮し、血管を圧迫して血液を押し上げていくポンプ機能が必要不可欠なのです。

ポンプ機能が高まり全身の血流が改善することにより体温の上昇に伴う冷え性の解消が期待されます。
体温の上昇は免疫機能にも関係する上、代謝の部分でも貢献度が大きいです。

一説には体温が1度落ちると基礎代謝は10%以上落ちると言われていますから「最近疲れやすい」「冷えを感じる」などの自覚症状がある人は健康管理の第一歩として取り入れてみる価値は高いでしょう。

ふくらはぎが固いと、むくみやすいのもありますのでマッサージやストレッチなどでほぐしてみて下さいね!!!

パーソナルトレーニングジムBBB
03-5422-9387

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。