BLOGS

皆さんこんにちは!

今回は、睡眠不足についてお話致します!

日本だけでなく、世界でも問題視されている睡眠不足。
どのようなリスクがあるのでしょうか。

・増大するストレス

ストレスは、心と体に実に大きな負担をもたらします。あなたがプレッシャーを抱え不安に駆られているとき、コルチゾールなどのストレスホルモンが放出されることによって全身が打撃を受ける可能性があり、病気や高血圧、さらには制御不能な体重増加に陥りやすくなります。
一晩しっかりと休息を取ることで体はリラックスし、心は落ち着いてストレスが軽減され、一日中冷静でしっかりした判断ができるようになります。

・免疫システムの弱化

夜眠っている間、あなたの体は一日の活動で受けた負担から回復し、身に降りかかってくるもの、特に病を引き起こすバクテリアやウイルスにさらされることに対して、準備ができるようになります。
これら侵入者に対抗する体の防御機能の最前線にいるのが免疫システムで、様々な臓器と、白血球をはじめとする組織や細胞などが含まれます。
十分な睡眠が取れないと、一晩のうちに免疫システムが生産できる抗体やサイトカインの量が制限され、感染症を撃退するための身体能力は低下し、より感染症にかかるリスクが増大します。

・体重増加

睡眠は体の消化器系や新陳代謝、つまり私たちが食べたり飲んだりしたものを利用可能なエネルギーに変換するプロセスが、機能するためには不可欠なものです。
新陳代謝が最適な状態にあるとき、体は昼も夜もカロリーを燃やし、身長に対して望ましい範囲内の体重を保つのを助けます。
睡眠不足はこのプロセスを妨げ、新陳代謝は鈍くなり、時間が経つにつれて体重増加を引き起こす原因となりこれを落とすのも難しくなります。
睡眠不足が肥満のリスク要因であると考えられるのは、これが理由です。

・気分の変動

多くの人は、寝不足のときの自分は怒りっぽくなっていると言います。
疲れていると人は不機嫌になり、イライラしたり過敏になったりします。
これは、社交的な場で他の人の感情や反応をどれだけ上手く読み取れるかにも影響することがあります。
長期的な睡眠不足は、深刻な精神疾患であるうつ病のリスクや一因となります。
必要な睡眠を取ることは、生活全般におけるものの見方や感じ方に驚くほどの効果があるのです。

・血圧の上昇

血圧が高いということは、血液が動脈の血管壁を押す力が強くなりすぎ、圧力が大きくなりすぎているということを意味します。
これは死につながる可能性もある心臓発作や脳卒中を引き起こす、大きなリスクとなります。
睡眠不足は、特にストレスや不安が加わったときに危険な血圧の上昇を招く場合があるため、毎晩良く眠ることは全身の循環器系の健康を保つ主要な要素となっています。

いかがでしょうか?
1日約7時間の睡眠が必要となります。
皆さんもしっかりと身体を休めて下さいね。

パーソナルトレーニングジムBBB
03-5422-9387

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。