BLOGS

みなさん、こんにちは。
BBBです☆

秋に入り、寒くなってきましたね。
家に帰ったときには体が芯から冷えている・・・そんなとき、お鍋が食べたくなりませんか?
お鍋を食べると、冷たかった体が内側からポカポカしますよね♪
鍋はダイエットにも効果的と言われていますが、
何も考えずに鍋を食べていると、ダイエットしているつもりだったのに、
逆に太ってしまったなんていう失敗になりかねません><!!

ポイントを押さえて、効率よくダイエットを進めていきましょう^^

具材となる野菜やお肉の栄養やカロリーについても、よく考えて選ぶようにしましょう☆
低カロリーでヘルシーな具材を選んでくださいね。
カロリーがあまり高くなくても、血糖値が上がりやすいものもあるので気をつけましょう。

野菜に関しては、例えばジャガイモを入れることはおすすめできません。ジャガイモのカロリーは高くありませんが、ジャガイモはでんぷん質が多く、食後の血糖値が上がりやすいです。
血糖値は上がるほど太りやすくなります。

血糖値が上がりにくく、鍋におすすめの野菜は、キャベツ、ナス、白菜、トマト、ブロッコリーなどがあります。野菜を選ぶときは、カロリーおよび血糖値の上がりやすさ(GI値)の2つをチェックするといいでしょう。

肉類に関しては、例えば脂身の多い豚バラ100gのカロリーは約395kcalもあります。逆に鶏むね肉100gのカロリーは、皮付きでも145kcalです。鶏むね肉の方がカロリーも低いですし、タンパク質も多く含むので、ダイエット向きといえそうですね♪

スープの味付け、飲み過ぎにも気をつけてください。
砂糖や醤油、油などをたっぷり使うと、これもまた高カロリーになってしまいます。
お肉を入れた時には、その油がスープに溶けだしていますのでスープを飲まなければ、その溶けだした油の分カロリーカットになっていいのですが、、
そのスープを飲んでしまっては、油の分余計なカロリーを摂ることになるので、ダイエット効果も薄れてしまいます。

タレはあっさり味を選びましょう!タレを選ぶならポン酢のようなカロリーが低いものを選びましょう。

鍋といえばシメも楽しみの1つですね。
普段シメには、ご飯、ラーメン、うどん、おもちなど、それぞれお好きな炭水化物で楽しんでいると思います。でもこのシメこそが、鍋ダイエットの天敵です。
1日の摂取カロリーを考えて、必要以上にシメは食べないことをおすすめします。
どうしても食べたいときは、量を半分にしたり工夫するようにしてくださいね。

これらのポイントに気をつけて、秋冬の寒い日はお鍋であたたまりましょう☆
鍋のカロリーは、具材次第で低カロリーにも高カロリーにもなります。具材をはじめ、スープ、タレのカロリーオーバーには気をつけてください♪

BBBGYM

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。